御菓子司みすゞ

御菓子司みすゞ

「手しごと」・「素材」へのこだわり

「手しごと」へのこだわりと「心」

お菓子づくりには機械化された近代的な手法もありますが、今でもお菓子の風味を醸し出すポイントは決して機械化せず職人の鋭い五感が生み出す「技」で向き合います。

・素材を見極める技
・熟練の技術で餡を煉りあげる技
・その時の気候に合わせて調整する技

お菓子づくりの「技」にはゴールはありません。
今日の結果に満足せず日々精進しています。

御菓子司みすゞは、お客様の“おいしい”という笑顔のために、安心安全と美味しさを追求する「心」を大切にしています。
おいしい和菓子をお客様のもとへお届けするために、受け継いできた「手しごと」へのこだわりを守り続けながら、新たな美味しさを生み出していきます。

ページの先頭へ

「素材」のこだわり

2種類の小豆

・北海道十勝産の小豆
・丹波大納言

その年の天候、気候に合わせてより良い小豆を吟味・厳選し、
御菓子司みすゞでは2種類の小豆を用途に応じて使用しています。

砂糖

讃岐産和三盆糖を初め、沖縄産の黒糖、甘さあっさりの白双糖、しっとりとした甘さの上白糖、
多くの種類を用途に応じて使い分けています。

きな粉

北海道産の大豆の皮を丁寧に挽いてから煎っています。
大豆イソフラボン、オリゴ糖、食物繊維、大豆タンパク質などが含まれ健康効果も抜群です。

ページの先頭へ